新婚旅行でハワイ行ったら人生変わった

2018年6月に新婚旅行で行ったハワイがとても素晴らしく、グルメ、観光などの情報を残すためのブログ。もう1度ハワイに行きたいのでマイルの貯め方についても記載しています。国内旅行情報も!

新婚旅行に行こう!プロポーズを決めていざハワイへ!

2018年6月1日から7日かけて行ってきた新婚旅行の思い出を書き記していきたいと思います。
まずは準備編ということで出発前日までの様子を記録していきます。

結婚にいたった経緯

新婚旅行は1人では行けません、相手が必要ですね。

簡単になれそめを紹介します。

妻との出会いは社会人サークル

2016年、運動不足解消に社会人サークルをネットで探しました。
私は小・中・高とバスケットボールをやっていたのですが、バスケサークルは近くで活動している団体が見つからず、あっても私には合わなそうな感じで諦めることに。
近くのサークルを眺めていると立ち上げたばかりのバドミントンサークルを発見、スターティングメンバー募集とのことで申し込みをしました。
妻はそのバドミントンサークルにいました。
一緒に活動をしていく上で私が好意を持ち、ランチに誘ったのがきっかけで交際することになりました。

2017年10月に同棲開始

1年ほどお付き合いをしたところで、同棲の話が出てくるようになりました。
私は1K6畳の小さな部屋に一人暮らしをしていたのですが、流石に手狭だなあと思っていたのもあり、同棲するならいいタイミングだし丁度いいなと思って2017年10月に同棲をスタートしました。

2018年1月にプロポーズ

同棲も始まり、お互いに結婚を意識していましたが、なあなあで入籍するのも嫌だしプロポーズ考えないとなんて考えていました。
しかし高級ホテルのディナーで婚約指輪を…とか、フラッシュモブのサプライズで婚約指輪を…なんていうドラマや映画のようなものは絶対に嫌だとも思っていました。

※2人の間で婚約指輪はいらないと決め手はいましたが、いろいろと調べて考えた結果、

  • ダズンローズ(12本の赤いバラの花束)
  • キャンドル(ちょっとムード作って)
  • 家で(やっぱり2人きりだし落ち着ける場所で)

でいこう!と決めました。
ちょうど1月の土曜日に妻が美容室へ出かけるという時があり、「チャンス!やるならこの日しかない!」とXデーを決め、1週間ほど前から水面下で準備をしました。
プロポーズ当日はさすがに緊張しましたが、やはり家でよかった、なんとかやり遂げ、OKをもらうことができました。
バラの花束もキャンドルも喜んでもらえて嬉しかったです。

2018年5月に入籍

プロポーズも無事終わり、次はいつ入籍する?と入籍日を考え始め、4月某日にしたい!と結論が出ました。

それに間に合うように両親へ結婚の挨拶と両家顔合わせしないとだねと話し合い、日程調整しはじめましたが、 これがなかなかまとまらない!

結局4月中に挨拶はなんとか済ませましたが両家顔合わせができず、4月中の入籍は諦め、5月某日に入籍しました。

新婚旅行を考え始めたのは2月

前置きがかなり長くなってしまいましたが、新婚旅行を考え始めたのはプロポーズが終わった2月はじめころでした。

「やっぱり新婚旅行はハワイが定番だよねー」なんて話をしましたが、実際私達はあまり金銭的に余裕はなく、ハワイは無理だろうなと候補から外していました。

因みに候補は…

  • 台湾(夜市、九份、澎湖)
  • グアム
  • バリ島

あたりでした。

さすがにネットだけでの情報収集はキツかったので、 JTBH.I.S近畿日本ツーリストをまわって情報収集をしました。

私達の中では台湾が第1候補だったのですが、 聞いてみると新婚旅行で台湾に行ったなんて話はほとんど聞かないとH.I.Sの人に言われ、 やっぱりハワイがいいんじゃないか?と猛プッシュされました。

「そりゃ行けるもんならハワイ行きてーよ」と2人で会議しているうちにやっぱりハワイに行きたい欲が大きくなり、 本格的にハワイに絞ってツアー探しをするようになりました。

結局旅行会社は

旅行会社をまわった結果、私達は近畿日本ツーリストさんのツアーでハワイに行くことを決めました。
決め手はJTBH.I.Sよりも安かったことが1番、また、担当者の方がとても親切だったのも良かったです。
ツアーは「ANAハローツアー」というANAが出しているツアーの5泊7日ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊のプランにしました。
日程は急でしたがAグレード(安く行ける時期)だった6月頭に決めてしまいました。

スケジュール選定

ツアーを決めたら次は滞在中に何をしたいか近畿日本ツーリストの担当者と相談です。
私達は結婚式を挙げないと決めていたので、ハワイの海でフォトウエディングは絶対にやろうと考えていました。
さらに、ANAハローツアー参加者は無料で申し込めるオプションプランの

  • タンタラスの丘夜景ツアー
  • カイルア散策ツアー

の2つの無料オプションも申し込むことにしました。
さらに、「天使の海」というサンドバー(海の中に砂浜が出現する場所)へ行けるツアーにも申し込むことにしました(有料)。
こちらのツアーはクルーザー移動で、移動中にウミガメウォッチングとシュノーケリングもできるものでした。

他にもたくさんオプションはありましたが私達は申し込みませんでした。
参考に箇条書きにしておきます。

  • サンセットディナークルーズ
  • ファイアダンスショー
  • イルカウォッチング
  • セグウェイでワイキキ散策
  • ハレイワ散策ツアー etc

上記のツアー以外にもたくさんのオプショナルツアーがあります。
詳しくは各ツアー会社で確認してみてください。
私のオススメは下の2社です。
VELTRA
ハワイ旅行ナビ

パスポート取得

f:id:oe526:20180928143334j:plain
パスポート(10年)
私は人生で1度だけ海外旅行に行ったことがあります。
行き先はなんとハワイだったのですが、なにせ5歳のとき(20年前)ですので記憶も残っておりません。
パスポートも当然失効していました。

ということでパスポートを取りに行きましたよ!
福島市は駅の近くに行政窓口があり、パスポートの発行も行っている窓口があるのでアクセス抜群です。

【申請に必要なもの】

  • 収入印紙(5年:¥11,000、10年:¥16,000)
  • 申請書(窓口においてあるので記入)
  • 戸籍抄本または謄本(原本のみ※本籍地でしかとれないので注意)
  • 顔写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)
  • 身元確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

私はせっかくなので10年で取得しました。
申請から2週間で発行されます。

出発前にやっておいたこと

人気店の事前予約

今回はハウツリーラナイのみ予約しましたが、人気店はふらっと行っても満席で目当てのグルメにありつけない!ということが有り得ます。
そこで「オープンテーブル」というアプリで飲食店の事前予約を行いました。

ポケットwifiのレンタル

滞在中のインターネット問題です。現地でsimカードを買うかポケットwifiをレンタルするか迷いましたが、妻と2人なのでポケットwifiにしました。
ポケットwifiはネット上でどの商品をどの期間レンタルするかを選択して申し込みをしておけば、ハワイの指定ショップで受け取りができます。
返却もホノルルの空港内にあるボックスに入れるだけなので楽ちんです。
私はグローバルWiFiというサイトで予約しましたが、最近ではイモトのWiFiが有名ですよね。
他にもグローカルネットというサービスもあります。



ESTAの申請

アメリカに渡航するためにインターネットからESTAを申請します。
申請にはクレジットカードが必要で、費用が14ドルかかります。

ESTAとは(在日米国大使館・領事館HPより引用)

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。ビザ免除プログラムの利用条件の詳細については、こちらをご覧ください。

※注意!非公式の申請サイトがたくさんあります。そういったサイトで申請を行っても実際に申請は完了せず、あなたの情報を受け取った非公式サイトの運営者が代行でESTAを申請します。
そのため手数料として14ドル以上の費用が発生する場合がありますので必ず公式サイトから申し込みをしましょう。

【ESTA公式申請サイト】 https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1esta.cbp.dhs.gov

いざ荷造り!

いよいよ荷造りです。かなりの大荷物が予想されます。
私達夫婦は私が7泊用くらいの大きめのキャリーケース、妻が4泊用の中型キャリーケースに荷物を詰め込み、それでも入り切らないので手持ちバッグに残りを詰め、さらにさらに移動中身につけておくリュックと機内用グッズを入れておくカバンの1人4つ、2人で8つの大量の荷物になりました。
キャリーケースはTSAロックのついたものにしたほうがいいですよ。
TSAロックがないと最悪空港でキャリーケースを壊されるかもしれませんからね。
TSAロック機能のついていないキャリーケースの場合はTSAロックの錠やバンドがあるのでそちらを用意するといいと思います。

持っていったもの、買った場所などは別記事の「ハワイ新婚旅行!〜持ち物リスト〜」で紹介します。

長々と書いてきましたが準備編でこのボリュームですから、本編はものすごい長さになりそうで怖いです(笑)
みなさんよかったらお付き合いください。
写真もたくさん載せるつもりです。
このブログを読んでハワイに行く人が1人でも増えると嬉しいです。ハワイサイコー!!

↓ハワイ滞在1日目へ www.honeymoon-hawaii.com

応援よろしくお願いします

ブログランキングに参加しています。
面白かったら下の画像を2枚クリックしていただけますと幸いです。
皆さんのご協力お待ちしております。